液状化により建物を壊されないために液状化対策を行ないましょう

  1. ホーム
  2. 万が一の時の備え

万が一の時の備え

作業服と電子機器

適切に利用できるか確認

建物が利用できないほどの被害を受けてしまう可能性があるのが火災です。火災はいつ起きてしまうかわからないので、しっかりと対策を取る必要があります。災害や事故などによっても引き起こされるため、定期的な防火対象物点検は必ず行いましょう。防火対象物点検がきちんと行われていると、万が一火災が発生しても人命を失う可能性が低くなります。火災に対して強い建物であれば、火が燃え広がるまでに避難することができます。避難経路が確保されていれば迅速に逃げることができ、火災による被害を抑えることができるのです。万が一の事態でも適切に利用できるか確認することで、建物だけでなく人の命を守ることができます。防火対象物点検によって安全性を確保できるのです。

点検しないと大変

建物には定期的に防火対象物点検を必ず行う必要があります。法律で定められているため、違反してしまうと罰金や勾留をされてしまうことがあります。火災によって人命が失われたら、責任を取らされてしまいます。防火対象部点検を行っておけば、法律で処罰されることはありません。適切な点検と報告をすることで建物の安全を守ることができ、点検をしていないという後ろめたさを感じることがないのです。防火対象物点検を正確に報告することで、火災に対する対策が適切に行われます。虚偽の報告をしてしまうと、火災が発生したときに大変なことになるので気を付けましょう。防火対象物点検をすることで法律を守り、火災の被害を抑えられるのでしっかり行って報告しましょう。