液状化により建物を壊されないために液状化対策を行ないましょう

  1. ホーム
  2. 地盤改良で安心です

地盤改良で安心です

工事現場

地質を調べる方法

せっかくの新築住宅も、軟弱地盤の土地に建ててしまうと、住宅が傾いたり歪んだりすることがありますので、あらかじめ地盤に問題がないかどうか地質調査を行ったうえで、必要に応じて地盤改良を行わなければなりません。地質調査には2つの種類の方法があり、一般的に実施されているのはスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれるもので、5万円程度で実施できるため気軽に行うことができます。もう1つの方法は、表面波探査法と呼ばれるものです。いずれの地質調査もボーリング調査のように地下の試料を直接採取するものではありませんので、地下の地盤を明らかにするものではありません。ただ、住宅程度であればスウェーデン式サウンディング試験でも十分です。

地質にあった地盤改良

住宅建築において地質調査を行うことのメリットは、地盤に問題があった場合に適切な地盤改良工事を行うことができることです。軟弱地盤であっても、表層改良や鋼管杭などによって地盤改良を行えば、安心して住宅建築を行うことができます。地中深くまで軟弱地盤が続いているような場合でも、深くまで基礎を打ち込むことによって住宅を固定することができます。地下がどのような地質になっているかは表面だけを見ても分かりませんので、専門業者によって地質調査を行うことが重要になります。住宅メーカーと地質調査の業者と地盤改良の業者が、それぞれ連携して対応することによって、どんな地盤であっても満足のいく住宅を建築することができます。