液状化により建物を壊されないために液状化対策を行ないましょう

工事

家造りに大切な土地の歴史

家を建てる時は土地の歴史を調べることが大事です。造成地などは沼地や湿地帯だった可能性がありますから、その場合は地盤調査する必要があります。もし軟弱な場合は改良工事を行います。土地を探す時は役所や図書館で古地図を見れば、昔の土地の状況を知ることができます。ハウスメーカーでは必ず地盤調査を行います。

工事現場

地盤改良で安心です

住宅を軟弱地盤に建ててしまうと後が大変ですので、地質調査の結果に基づいて、適切な地盤改良工事を行うことが重要になります。地盤改良工事を行えば、ほとんどの住宅は建築可能ですので、住宅メーカー等と連携することで満足のいく住宅を建てることができます。

住居の災害対策

作業員

地震によっておこること

日本の場合、他の国に比べて地震災害が多く、その分住宅にもそれ相応の対策が必要となってきます。強い地震が来ても倒れない建物を建てる事、そして強い地震にはつきものである液状化現象を防ぐ対策も急務となってきます。液状化現象とは、埋め立て地など地盤に砂地が多い地域に起こりうる現象です。地震などの衝撃によって砂地部分の密度が変化し、地下水が地表へ噴き出していきます。また、砂地部分の変化によって地盤沈下が起こりその上に立つ建造物にも支障をきたすことがあるのです。一度液状化現象が起こってしまった場合、建物の修復はもちろんですが、水道管や地盤の修復、固化を進めていかなければ状態が悪化してしまう恐れもあり注意が必要です。

どんな対策があるのか

液状化対策としてもっとも知られているのが地盤を固める事です。地盤の密度を押し固め密度を高めたり、安定剤を用いて直接的に固化を図る場合もあります。この他にも、液状化対策としては地下水の逃げ道である水路を確保するなどの方法もあります。大規模地震には耐えられないケースももちろん想定されますが、井戸によって地盤内の水圧変化が調整されれば急な地盤沈下、液状化現象は食い止めることが出来るのです。こうした液状化対策とは別に建物自体の強度を強くすることも大切です。例えば、硬い地盤に直接杭を打ち耐震強度を高めていくなど、それぞれの業者に依頼すればより確実な方法を模索してくれます。もしもの災害の時のために、こうした液状化対策は早め早めにしておくことが大切になってきます。

作業服と電子機器

万が一の時の備え

防火対象物点検をすると、万が一の火災に対処することができます。火災に強ければ避難も容易になり、人命を失うことがありません。防火対象物点検を行わないと、法律で処罰されたり人命を守ることができないため、しっかりと行うよう気を付けましょう。